スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:逝ける王女のためのパヴァーヌ、他

ラヴェル:逝ける王女のためのパヴァーヌ、他ラヴェル:逝ける王女のためのパヴァーヌ、他
(2007/12/26)
クリュイタンス(アンドレ)

商品詳細を見る



ラヴェルの作品で、ボレロはドラマティックに盛り上がる名曲です。それとは対照的に、美しくもはかない耽美的なドラマ性を追求した名曲といえば、「逝き王女のためのパヴァーヌ」です。この楽曲が大好きなのですが、やはりクリュイタンス指揮のこのアルバムを聴いて頂きたい。改めて聴き直してみると、ソロ演奏も際立ってますね。詳しい事は知りませんが、一流の演奏家と一流の指揮者との出会いが生んだ奇跡なのかもしれません。

ちなみに、このアルバムに入っている「古風なメヌエット」という小曲も昔から好きな曲の一つです。他にも、「クープランの墓」など聴き所満載で¥1500。ボレロと一緒に買いましょう。良いものは良いです。間違いありません。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

ラヴェル:ボレロ、他

ラヴェル:ボレロ、他ラヴェル:ボレロ、他
(2007/12/26)
クリュイタンス(アンドレ)

商品詳細を見る


某、引越し社のCM風に言わせてもらえれば、

「私は、フランスの指揮者ではシャルル・デュトワが好きです。でも、クリュイタンスはもっと好きです!」
(正確に言えば、クリュイタンスはベルギー出身ですけど。。。)

名匠の作品が\1500で買えるのです。私は、もっと高く買いました。良い時代になりました。

現代フランスの指揮者で世界的に有名な方といえば、シャルル・デュトワ氏ではないでしょうか。ロシアのワレリー・ゲルギエフやウィーン・コンツェントゥス・ムジクスのニコラウス・アーノンクールに並び世界で活躍される方だと思います。

がー!フランスといえばクリュイタンス!死後40年以上経過した現代においても、クリュイタンスの名は、なお偉大なのです!クリュイタンスといえば、ラヴェルの名手として世界的に名が轟いているのです!

ラヴェルといえばボレロ。小編成で演奏される同じフレーズの音楽が、だんだんと楽器の数が増えて行き、最後にはドラマティックな終焉を迎える、反復音楽の超傑作です。沢山の作品が発売され、人によっては、正直聞き飽きた感があるかもしれません。しかし、クリュイタンスのボレロは素晴らしいです。切れの良いリズムと音バランスの素晴らしさで、反復フレーズがとても心地よく演奏に陶酔してしまいます。この楽曲の呪術的側面を非常に上手く捉えています。もちろんボレロ以外の演奏も素晴らしく、特にラ・ヴァルズの演奏は素晴らしいですね。

これが¥1500で買えるのですから良い時代です。
最近はCDは売れないそうですが、CD離れなんてもったいないですね。

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」スメタナ:連作交響詩「わが祖国」
(2007/02/28)
ボストン交響楽団 クーベリック(ラファエル)

商品詳細を見る


このアルバムはとても良いです。

スメタナの「我が祖国」は、大好きな作品なのですが、中でもラファエル・クーベリックとボストン交響楽団が1971年に録音したこのアルバムは、素晴らしいです。

ファエル・クーベリックは、チェコを代表する指揮者で、同じチェコのドヴォルザーク、スメタナを得意とした指揮者として有名です。

細かい演奏の良し悪しがわかるほどの人間ではありませんが、そんな私でも、これは違うと感じました。音も良いですが、ボストン響の演奏が大変素晴らしいです。ダイナミックかつ繊細で、大変聴かせてくれます。楽曲自体が大変ドラマティックで盛り上がりが素晴らしいのですが、これだけ素晴らしい演奏で聴かされたらもうたまらんです!いや~、これだけの作品を生で聴いてみたいものです!私が購入したときは、確か\2100で限定盤だったように思いますが、いまはたった¥1000とは恐ろしいですね。もう、買うしかないです。





テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。