スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレガント・ジプシー

エレガント・ジプシーエレガント・ジプシー
(2001/03/23)
アル・ディ・メオラ

商品詳細を見る


1. フライト・オーヴァー・リオ
2. ミッドナイト・タンゴ
3. 地中海の舞踏
4. レース・ウィズ・デヴィル・オン・スパニッシュ・ハイウェイ
5. レディ・オブ・ローマ・シスター・オブ・ブラジル
6. エレガント・ジプシー組曲

フュージョン界のスーパーギタリスト"アル・ディ・メオラ"がチック・コリアのリターン・トゥ・フォーエバーを脱退した後に発表したセカンドアルバムです。アル・ディ・メオラの最高傑作の呼び名も高い名盤です。

いわゆるフュージョン作品ですが、スパニッシュ・サウンドを大胆に導入した作品になっており、中でもフラメンコ界の大御所、パコ・デ・ルシアと競演した「地中海の舞踏」は、その中でも重要な作品と言えるのではないでしょうか。この作品をきっかけに、パコ・デ・ルシア、ジョン・マクラフリン、アル・ディ・メオラでスーパー・ギター・トリオを結成し、伝説的ライブアルバムを残します。

スーパーギタートリオの中では、アル・ディ・メオラを小物扱いする人が結構いるように思いますが、私は全くそうは思いません。一曲目から最後まで格好良い曲が目白押しで、決して速弾だけのギタリストではないことがわかると思います。曲によっては、「正統派のプログレッシヴ・ハードロックじゃん!」なんて思ってしまう自分がいるのですが、メロディは当然のごとくスパニッシュなので、やはりアル・ディ・メオラのオリジナリティが溢れているのです。全体に漂うスパニッシュ・メロディが効果的に効いていて、ただ格好よいだけのフュージョン以上の作品に仕上がっているのだと思います。スパニッシュ・ジャズロックの大名盤です。

メンバーを見ると、パコ・デ・ルシア、ヤン・ハマー、スティーヴ・ガッド、レニー・ホワイトと大物揃いですね。

余談ですが、パコ・デ・ルシアの来日公演に行った際、演奏が始まった瞬間、あまりの超絶プレイに会場中の人々は、口あんぐり状態でした。いや、本当に素晴らしかったです。


【Race With The Devil on a Spanish Hwy】

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。