スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 [DVD]
(2009/02/27)
坂井真紀ARATA

商品詳細を見る



おそらく、当時学生運動に関わった人達は、見たいとも思わないであろう。
若者は、目をそらさずに、この映画を見なくてはならない。
(まあ、興味があれば)

連合赤軍の結成から、浅間山荘に立て篭もり、警官隊と銃撃戦を繰り広げるまでを描いた映画である。これが現実にあった事だとは思いたくないほどに単純で馬鹿馬鹿しい狂気の物語である。

始めは、理想に燃えた若者達の集まりであった。M作戦で資金は潤っていたが武器の無い共産主義者同盟赤軍派と、武器はあるが資金力の乏しい京浜安保共闘の利害が一致し、連合赤軍が結成されてから悲劇は始まった。

連合赤軍は、軍事訓練を行うため、山に篭る。その際、安保共闘の人間が水筒を持たずに来た事を赤軍が批難、赤軍の女性が軍事訓練の中、指輪をし化粧をしていることを逆に批難され、そこからいわゆる血の総括が始まるのである。

「総括」とは、赤軍派の人が共用される儀式なのだが、個人の政治的活動を振り返り、自己批判を行い、その結果までを正しく総括できて初めて革命的な社会主義者になれるというのである。馬鹿馬鹿しい話である。自己批判とは個人でやるべきであって、人に強要され、人に発表するようなものではない。

委員長の森恒夫、副委員長の永田洋子の二人による独裁体制なのだが、一人一人の総括が自分の思い通りにならない森は、「拳で殴り、気絶させれば、目覚めたときには正しく総括できる立派な社会主義者になれる」という、あまりにも身勝手な持論を展開する。総括しろ!お前の為だ!と、同士を縛り殴る。そのまま治療もせず放置し、死に至らしめる。女だろうと容赦はしない。だんだんとエスカレートして行き、総括を求めずにスターリン主義者だと罵って仲間を死刑に処する。

どう見ても森こそがスターリン主義者であり、その滑稽な姿がまた腹ダ立たしい。結局は、権力はファシズムへと向かってしまうのだという典型的な例であり、小さい世界での出来事であるゆえに、よりデフォルメ化され映される事で、その狂気の様相は見るに耐えないものになっている。

この映画が見せる革命戦士の姿は、頭でっかちに(狭い範囲での)知識ばかり溜め込み、子供じみた自己満足と経験なき実践が、子供じみた狂気を増大させた結果の物語である。森の行う、総括という名の言い訳を利用し、結果論的に、過去に対して自分なりの意味を構築して正当化してゆく事への無意味さ。そんなのは現実を直視しない自己肯定の甘えである。

その時代を生きた人間が見る映画ではない。その時代を知らない人達が見て、その時代の大いなる闇を感じるべき映画なのだろう。同じ過ちを、人は繰り返してはならないのだから。

ジム・オルークによる楽曲が、また素晴らしい。



スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。