スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A PATH THROUGH HAZE / 水谷公生

宇宙の空間 A PATH THROUGH HAZE宇宙の空間 A PATH THROUGH HAZE
(2007/03/14)
水谷公生

商品詳細を見る


ファズマスターこと水谷公生先生は、1枚だけソロアルバムを出しています。それが、「A PATH THROUGH HAZE」です。かつては、何十万円もするプレミア・レコードとして有名で、ヨーロッパでブートレッグ(海賊盤)が出回るほどのマニアの間では人気盤だったとか。今では、¥1300で聴けるのですからありがたいことです。

このアルバム、派手さが全然ない。すごく地味です。ギタリストのソロ・アルバムといえば、ギターを前面に押し出した派手な作品が多い中、とんでもなく地味です。でも、何この格好良さ!すごく渋いです!ギタリストダけが目立つわけではなく、楽器全体がバランスよく静かに主張しております。なんだかつまり気味のドラムの音とか、独特の雰囲気に溢れてます。シンプルな楽曲ですが、それでいながら屈折してて良いです。石川晶とカウントバッファローの鈴木宏昌がとても良い仕事をしております。この人は、良いピアニストですよ。このアルバム、一聴して地味な作品かもしれませんし、雑誌評価も低いですが、そこらにある普通のアルバムとは一線を画した作品だと思います。ヨーロッパでブートレッグが出回った理由が、私には良くわかります。¥1300ながら、超お気に入り盤です!

ただ、本当に渋い作品なので、派手なジャズ・ロックを求める方は、買わない方が良いと思います。このアルバムには、縦横無尽に弾きまくる水谷公生の姿はございません。



スポンサーサイト

テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。