スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の鳥

Blu-spec CD 火の鳥Blu-spec CD 火の鳥
(2008/12/24)
ジョン・マクラフリン&マハヴィシュヌ・オーケストラ

商品詳細を見る


1. 火の鳥
2. マイルス・ビヨンド(マイルス・デイビス)
3. 天界と下界を行き交う男
4. サファイア・バレット・オブ・ピュア・ラヴ
5. サウザンド・アイランド・パーク
6. ホープ
7. ワン・ワード
8. サンクチュアリ
9. オープン・カントリー・ジョイ
10. リゾリューション

ジャズ・ギター界の大御所、ジョン・マクラフリンの作品といえば、やはりこのアルバムを紹介しないわけにはいきません。

いわゆるフュージョンですが、全てにおいてロックしています。兎にも角にも、それぞれの演奏技術が素晴らしく、緊張感のある演奏と曲の素晴らしさも相まって、極上のエレクトリック・ジャズ・ロック作品に仕上がっています。ロックの世界にも技術的に素晴らしいミュージシャンは沢山いますが、やはり世界的ジャズ・ミュージシャンの演奏力は桁が違います。

とにかくメンバーが凄いです。ギターにジョン・マクラフリン、キーボードがヤン・ハマー、ヴァイオリンがジェリー・グッドマン、ベースがリック・レアード、ドラムがファンクの帝王ビリー・コブハム。マクラフリンも凄いが、やはりコブハムのドラムも素晴らしい。私、実はコブハムの大ファンです。これだけの大御所達の音が渾然一体となり、緊張感溢れる演奏をこれでもかとたたみ掛けてくるだから、それはそれは格好良いです。普段ジャズを聴かないロックな方も、是非とも一度は聴いて頂きたい作品です。

ジャズのアルバムとして、リード・ヴァイオリニストがいる事は当時としては珍しかったと思います。また、ジャズに、ファンク、インド音楽、即興音楽等を取り入れ、新しい音楽を模索した結果出来上がった作品であり、そういう意味で当時では斬新な試みであり、今でも色あせない作品なのだと思います。

キング・クリムゾンのアルバム「太陽と戦慄」を聴いて衝撃を受けた方は、是非、「火の鳥」や「ワン・ワード」等を聴いて頂きたい。

余談ですが、ジェフ・ベックの名盤「Wired」、「Blow By Blow」は、この作品を聴いて衝撃を受けて出来上がった作品なのだそうです。

【One Word】

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。